闇鉄の撮り方ってどうする?

地下鉄にホームドアが段々と広まっていく中で、闇鉄が注目されています。

その名の通り闇の中を走る電車の光を拾って撮影するといういまどきならではの撮影技法です。

例えばこんなとか

こんなとかね。

上記のようにうまい人は本当にうまいんですが、私がやるとなかなか様になりません…。

 

例えばこれ。明るめ(ISO-8000、1/125、F5..6)で撮影したんですが、どうも今ひとつというか。

 

RAW現像が必須?

で、多分これが正解に一番近しいのかなと思ったのが、RAWで撮影してあとからPC上で現像する方法です。

ここでノイズリダクションをゴリゴリにかけ、若干の明度補正をかけるとそれっぽい写真になりました。

あとは手ブレ防止に三脚での撮影も必要…かな?

元写真はこれ。ISO-10000、1/125、1/8で撮っています。

明度補正するならISO感度はそこまで上げず(2500ぐらい?)、SS速度確保と絞りに振った方が綺麗になるかも。

とはいえ、上記のお二方と比べるとまだまだ満足する出来ではないので、引き続き試行錯誤してみます…。

 

関連リンク

有名写真家と土門拳の生き方に学ぶ

続:有名写真家と土門拳の生き方に学ぶ

【買ったよ報告】新しいカメラ「GF1」を買いました

プロフィール

執筆者:207

鉄道Webサイト運営17年目。
現在Osaka-Subway.comを含む4サイトと付随する動画媒体を運営中。

鉄道サイト運営のノウハウから、サイトとは全く関連性がない
ようなことまであれこれ書いていきます。

Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です