「生活保護はセーフティネット」の真意

よく「生活保護は社会のセーフティネット」という言葉があるけど、あれは受ける当人だけでなくて受けさせる社会にとってもセーフティネットであることに気付かされた。

 

いわゆる「無敵の人」が日本でもちょこちょこと報道されるようになった。

家族や地位、職など失うものがない人のことを、「社会的に失うものが何も無いために犯罪を起こすことに何の躊躇もない人」のことを指す。

 

もし失業保険・生活保護・高額医療費制度がなくなれば、ジニ係数が上がり無敵の人が増え、治安が悪化するので、生活保護を含むこれら社会的政策は、受給者だけでなく社会にとっても必要なセーフティネットですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です