【許すな】クレカ会社主導の表現規制とその実例リスト

 

近年、クレジットカード会社が決済不可とする間接的な表現規制を行うようになりました。

表現の自由があるからこそ日本のコンテンツ産業は

個人的にはこれ、非常に許せない行為なので憤慨しています。

 

成人誌から始まり、現在は殺人事件などを扱う漫画・小説にまで及び始めています。

西村京太郎や名探偵コナンの本がクレジットカードで買えなくなるかもしれません。

 

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったから

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義者ではなかったから

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は労働組合員ではなかったから

そして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

彼らが最初共産主義者を攻撃したとき

 

そう、最初は自分に関係なくても、段々と近づいてくるのです。同じ鉄道の本を出している私としては非常に神経質になる行動。

 

 

過度なキャッシュレス社会は

キャッシュレス社会へと突き進もうとしている昨今ですが、こういった弊害・リスクもしっかりと

自国の商品・財を決済するのに他国からの干渉があって阻害されるなんてことになりかねません。

現在五大ブランドとされる「VISA・マスターカード・AMEX・JCB・銀聯」のうち、VISA・マスターカードは欧州、AMEXはアメリカ、銀聯は中国と全て外国の企業。日本にもJCBがありますが、今ひとつ使い勝手が良いとは言えません。

クレジットカードは既に国策として広まりつつあり、実質的な公共インフラなのですから、国家による規制が必要でしょう。

 

キャッシュレス過激派の方に多いんですが、キャッシュレスに対応していない店舗に対して責め立てるような事を書いている人、

 

実際にあった規制

2018年

2018年8月31日、同人サークルが出したゲームがクレジットカード会社からの要請により販売できなくなりました。

該当ページでは「C社・M社が当該作品の配信停止を要請した」とあります

理由はクレジットカード会社・C社を経由した、
同じくクレジットカード会社M社からの要請だそうです(中略)

MelonbooksDL様には真摯に対応頂き、状況も詳しくご説明頂いたのですが、
説明を聞けば聞く程不可解で、正直まいっています。

犬に噛まれたとでも思うしかないのでしょうが……
(しかしC社もM社も犬にしちゃデカ過ぎる)

 

2019年

 ある大手通販サイトの運営会社が2019年8月中旬、作品を扱う作家らに一斉メールを送った。

メールによれば、同サイトで扱っていた成人向け商品を一時的に取り下げたとし、その理由はクレジットカード代行会社からの通告だった。

https://www.j-cast.com/2019/08/29366242.html?p=all

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です