地番が「該当なし」で返ってくる時に考えられる理由

法務局の地番検索サービスで地番(住所ではない)をしっかりと確認・入力しているにも関わらず、登記簿取得においてステータスが「該当なし」で返ってくる、もしくは「地番があるのに登記簿がない」というケースがあります。

この場合、以下の理由が考えられます。

 

最新情報が反映されていない

おそらく最も可能性があるのがこれ。

法務局や行政の地番検索サービスは、おおよそ年1度の更新。地番は分割や併合(合筆といいます)で髄時更新されるので、最新の状況が地図に当てはまっていない可能性があります。

 

 

 

私も門真市松生町(パナソニックの工場用地)の登記簿を取得した際、この問題に悩まされました。

当該の門真市の地番ページや法務局の地番検索サービスを見て入力しても、全くそれが反映されないのです。

 

その旨を管轄の法務局担当に問い合わせると、最新の地番を教えてくれました。

 

尚、土地登記が合筆されている場合は、元にあった土地の最も若い番号を残しているケースが多いようです。

私の場合も松生町の207-1、271、852…などを取得しましたが全て「該当なし」で、最も若番だった204-3のみ登記簿を取得することが出来ました。

尚、クレジットカードの情報を入力させられるので誤解しがちですが、「該当なし」の場合は費用の請求はされていません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です