「悪名は無名に勝る」…大阪政治ナイト氏の凍結に思うこと

先日「大阪政治ナイトhttps://twitter.com/osakapolitics/)」という、私が(日頃から批判に批判を重ねている)政治垢が凍結されていました。

彼は以前Twitterのbioに「交野市在住の女子中学生です!」と書いて女子中学生として振る舞いながら、政治的な批判を行っていたた「iseakira」氏という情報を頂いたんですが、本当なんでしょうか

 

 

やらないと誰も注目しなかった

おそらくTwitterをやるまで、彼は何でもない無名の一般人だったわけです。

悪名は無名に勝る」という言葉があります。悪名っていうのはもちろん無い方がいい。でも、悪名よりももっと悪いのは無名なわけです。

誰も知らない人間が何を言ったとしても、「で、あなたは誰?」ってなるわけです。

 

彼は「大阪政治ナイト」という悪名を轟かせ、良くも悪くも注目されるようになり、果ては市会議員さんまでもが彼に注目して言及するようになった。無名で誰でもなかった彼にとって、「誰か」として認知されるのは相当気持ち良かったことでしょう。

私が日常的に批判している「政治垢」と呼ぶ連中には、こういうタイプが非常に多いように思います。

 

 

嫌味っぽく書きましたが、実はこれは私にも当てはまります。

昔から「地下鉄が好き」というだけでコネも情報も何もなかった。無名だったわけです。今でこそ「大阪サブウェイさん」なんて非常に多くの方から認知・呼んで頂けるまでになりました。

無名って何を発言しても全然注目してもらえないんですよ。本当に虚しいですよ。

2014年からデザイン重視だったサイトを転換して、とにかく見てもらおうと努力してきたわけですが……この話はまた違う機会に。

 

 

私が相手にしなかった理由

名前は知っており、何度か彼からリプライも来たことがあるんですが、私は一切相手にしませんでした。その理由は以下の通り。

 

発言が一切有益・生産的でなく

②また議員でも市民の会でも何でもない単なる一般人で、

③ごくごく一般的な儀礼すら出来ておらず、敬語すら使えないような人間だから

 

①は「反維新」に考え方が偏りすぎてるのが主な理由です。

サイト運営者としては満遍なく意見を聞きたい気持ちはあるので、どちらのイデオロギー(維新支持/反維新)の方とも仲良くさせて頂いています。

でもそれは普通に「知らない人には敬語を使う」とか、「他人に自分の考えを押し付けない」とか、そういうことが出来ることが最低条件だと思うんです。

 

 

②はそれそのままで、無益な発言をずっと続けているだけの一般の人には特に興味がないのです。

彼はずっと異なるイデオロギーの人にしつこきうまとわりついていますし、彼に納得行く説明をしたところで何かが動くわけでもなく、ただただ彼が嬉しいだけ。

デマとして残る可能性もありますが、そのあたりは彼と対立するイデオロギーを持つ人が勝手にやってくれることでしょう。

 

③は何度かリプライを頂いたことがあったんですが、基本的に無礼な口調で敬語すら使わず、「失礼な人だなぁ」と感じていたので全て無視していました。

敬語を使わなくても許されるキャラというか、コミュニケーション力がある人もたまにいるんですが、彼はそういう感じでもなかったですしね。

当サイトの記事をシェアする分にはありがたいですが、それ以上でもそれ以下でもなく、ただそれだけの事。個人としてコミュニケーションを取りたいな思うようなことは一切思いませんでした。

 

 

それでも、これで一つのエントリを書いてしまうほどなので、やっぱり「悪名は無名に勝る」わけです。

味をしめたであろう彼は、また違うアカウントを作って、どんどん悪名を轟かせていくことでしょう(ブロックしておこう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です